PENTAXはボディーカラーを自由に選択できるカメラを発売するそうです。
このk-xは性能をみてもエントリーモデルをしのいで、期待できるモデルと感じられます。

以下はkakaku.comの記事より引用しました。

「K-x」は、2008年10月発売の「K-m」をベースにしたエントリーモデルで、開発においては、3つのキーコンセプト(ミドルクラス並みのカメラ性能、簡単・手軽、多彩な写真表現)を掲げ、ペンタックスらしい高性能な小型・軽量モデルの実現を目指したという。

・122.5(幅)×91.5(高さ)×67.5(奥行)mmで重量515g(本体のみ)小型・軽量ボディ
・APS-Cサイズの新開発1240万画素CMOSセンサー
・画像エンジン「PRIME II」
・最大約4.7枚/秒の連写性能
・高精度の11点ワイドAF(SAFOX VIII、中央9点はクロスセンサー仕様)
・豊富な「デジタルフィルター機能」
・意外性のある写真を楽しめる「クロスプロセスモード」
・1280×720ピクセルで24fpsのハイビジョン動画撮影機能
・単3電池×4本での駆動に対応

上記のスペックを見るだけでも、「K-x」は、エントリークラスを超える性能・機能を備えており、目を引くカラーバリエーションだけでなく、カメラとしての性能面でも十二分な魅力を備えた製品に仕上がっていることがわかるはずだ。ポイントは、新開発のCMOSセンサーと画像エンジンを採用し、4.7枚/秒という、エントリーモデルとしては最速となる連射性能を実現したこと。また、機能面では、フィルムのクロスプロセス現像(ネガをポジ現像、ポジをネガ現像)をデジタル的に実現する「クロスプロセスモード」を新たに搭載しているのも非常に興味深い。コストパフォーマンスにもすぐれており、予想価格は、レンズキットが69,800円、ダブルズームレンズキットが89,800円となっている。いずれも10月中旬発売予定だ。




img05.jpg