JA水郷つくばパソコン研究会ブログ

JA水郷つくばパソコン研究会ブログ JA水郷つくばパソコン研究会ホーム /ミュージックプロムナード /JA水郷つくばホーム

明日17日に「かすみがうらマラソン2022」が行われます。ここ2年ばかりコロナの影響で中止でしたが今年は実施されます。田伏のこのコースは以前マラソン大会ののぼり旗が並んでいましたが、今年はこの立て看板だけでした。
DSC_0417マラソンB.JPG

特定の範囲のデータを見る
過去のグラフ
過去のグラフ20220311-064719g3B.jpg

期間指定
期間設定_20220317-061721g3B.jpg

設定した範囲を表示する
過去のグラフ表示_20220318-063431g3B.jpg
「グラフで表示」を選択すると設定した範囲のグラフが表示される。
「ファイルで送信」は設定した範囲のデータを「OneDrive」などの指定したファイルへCSVファイルで書き込み、エクセルなどでデータ整理できる。

過去のグラフ表示
温度のグラフ表示02g3B.jpg

ダウンロードしたCSVファイルの一部
TR-42データ01B.jpg

まずは「おんどとりウエブストレージ」へデータロガーを登録します。
おんどとり Web Storageでデータの共有や閲覧をします。

「おんどとり Web Storage」・・・・パソコン用画面

おんどとりTR4登録.JPG

データロガーの温度を見るにはスマホのアプリ「ThermoREC・テルモレック」を使います。
スマホのテルモレック画面
スマホ・テルモレックアイコン.jpg

テルモレック操作画面トップ.jpg

操作用アイコンの内容
テルモレック操作画面g3.jpg

テルモレックのグラフ表示
グラフ表示_20220314-065308g3B.jpg
グラフ表示の説明  
① ⇐   戻る
 前画面(トップ画面)に戻ります。同時におんどとり Web Storageへ記録データを自動送信します。
② カーソルの 日時と測定値 
 グラフ上の任意の場所でタップするとカーソル(縦線)が出てカーソル位置の日時と測定値を表示します。
カーソル
 グラフ上でピンチイン/アウトするとグラフの拡大縮小ができます。
③ グラフ表示
④ グラフ表示の日付
⑤ グラフを表示する範囲
 横スライドして16通りから選択できます。
 5、10、30分、1、2、6、12時間、1、3日、1、2週間、1、2、3、6か月、1年
⑥ 一時停止 / 再開
  現在値のモニタリングとデータ吸い上げを一時停止又は再開します。
⑦ データロガー名


コロナウィルスの対応策で、まん延防止等措置法が延長されました。

3月21日まで。

研究会総会は、やはり今年も紙面で行うことになりました。

今月末に資料つくりを行います。また、

定例会もWEBで行っています。PCフォーラム発行は月末に1回役員が

行っています。

https://dappe.com/foramu2.htmlWEB版はこちらで


IMG_3969_R.jpg


IMG_3967_R.jpg

おんどとり TR42説明
データロガー本体と温度センサー
DSC_0283g3.JPG

本体内部
TR4本体内部.jpg
本体に電池をセットすると記録開始。Bluetoothでスマートフォンと通信してデータを回収します。
電池の寿命は測定間隔とスマートフォンとの通信の回数で決まり、1ヶ月(測定間隔1秒.常時通信の場合)から測定間隔10秒以上で 通信が1日3分以内では約1年半となっています。
測定間隔は1秒~60分までの15通り、記録方式は内部の容量いっぱいになると記録を停止する「ワンタイム」と古いデータに上書きしながら記録を続けていく「エンドレス」の2種類。

以下詳しい仕様です
TR42の仕様(テイアンドデイホームページより)
測定対象 温度1ch センサ外付
測定範囲 -60~155℃
主な精度 平均±0.3℃ (at -20~80℃)
表示 測定値、電池寿命警告、その他
記録データ 16000
記録間隔 15通り 1秒~60分
1, 2, 5, 10, 15, 20, 30 秒 1, 2, 5, 10, 15, 20, 30, 60 分 の 15 通り
記録モード エンドレス/ワンタイム
通信 Bluetooth 4.1 (Bluetooth Low Energy)
警報の確認方法 ソフトウェア/ブラウザ
電源 リチウム電池
本体動作環境 温度-40~80℃(無線通信時 -25~80℃)
大きさ H:62mm × W:47mm × D:19mm
防水性 IP64
電池寿命 約1ヶ月~1年半
付属品 温度センサ (TR-5106), リチウム電池(LS14250), 登録コードラベル, ストラップ, 取扱説明書 (保証書付) 一式
販売価格 12,800円(税込 14,080円)

TR42は外付けセンサで早い応答性を備えた温度のデータロガーです。
記録したデータは専用のスマート端末アプリを使って収集し、収集したデータは自動で
無料のクラウドサービス「おんどとり Web Storage」へ送信されます。
クラウドに送信したデータはPCで解析することもできます。
専用アプリは3つ、複数のデータロガーから一括して記録データを吸い上げる用途に適した「ThermoStorage」、
機器設定、データのモニタリング用途向けの「ThermoREC」、
PDFレポート作成用の「TR4 Report」。それぞれ無料で提供しています。




HP のノートパソコンのSSDが128GB HDDが1TB(データ領域)という構成の物の

システムが入っているSSD容量が少ないので、サイズアップを行うことにしました。

HP Pavilion 15-cc100型式です。

第8世代 core i7 メモリ 16GB

HDDやメモリー専用の裏ブタがついているわけではない型なので、裏蓋全部を外します。

ゴム足をはがした後ろにもねじがあります。

SSD M.2 とバッテリーを交換します。

SSD 128㎇ はM.2 sirial ata 接続なので、 その規格の物を入手します。

今回はwesternデジタルの物を購入しました。

クローンするにはM.2 SSDが入るUSB接続のケースも一緒に購入しました。

のちに、取り外したものを外付けとして使えるからです。

もうノートパソコンはばらしてあるので、別なパソコンを使ってクローンしています。

クローンには、EaseUS Todo Backupを使います。

窓の杜で現在ダウンロードできる新バージョンは、無料版ではディスククローンが

できません。上級を購入してにバージョンアップしろと出てきます。

それで私は、以前のバージョンをUSBで保存していたので、それを再インストールして

行いました。aomeiのほうもやはり同じで、Free版はできませんでした。

早くケースは開けていたので、手持ちのSSDにクローンしていたのでそれをM.2 512GBに

作りました。約24分くらいで終わりました。

バッテリーはまだ届いていないので、届き次第組み立てようと思います。  Koba



IMG_3719-1.jpg

今回対象のノートパソコン 

IMG_3774.jpg

裏蓋を開けたところ バッテリーの右がHDD 1TB 左側が M.2 SSDですね


IMG_3776.jpg

システム用 SSD


IMG_3786.jpg

M.2 SSD 用の外付けケースです


IMG_3789.jpg

クローンを終わり取り付けた western digitalの512GB SSD


IMG_3791.jpg

DELLのノートを使ってクローンしているところ



車はEV化の流れと、新型車がどんどん発売されめまぐるしくなっています。

トヨタは世界一の販売台数を誇る会社ですが、その開発力には驚きます。

カローラ新型が出たと思ったら、SUVブームに乗ってカローラクロス

ほかに、ライズ、やリスクロス、C-HR、RAV4,ハリアーなど

ラインアップが充実しています。


ホンダでは、オデッセイやレジェンド、クラリティ、s660、NSXなどが


生産中止となる模様で残念なこともあります。ステップワゴンは工場閉鎖により


別工場になることから新型発表には間が空いてしまうのかという話題もありましたが


トヨタのノア、ヴォクシーと同時期ころ新型が発表されるような記事もありました。


https://bestcarweb.jp/feature/column/296454

ベストカー記事



https://www.honda.co.jp/news/2021/4211101-s660.html



s660追加発売 HONDA


4211101-s660_head (1).jpg

このページのトップヘ